わが家のごはん(朝食・ランチ・夕食)メニューやレシピを紹介!! 簡単で美味しい料理、気になるレストランやカフェ、スイーツ、こだわり食材やお取り寄せといったグルメな情報お伝えします。

なんちゃんのご飯タイム


HOME ▶食材
記事のサイトマップ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) |

≫ EDIT

2010 おかやま農林フェスタ&トラック産直市

岡山ドームで開催された「トラック産直市」に行ってきました!

産直4

約90台のトラックが出店して、野菜や果物、正月用の草花が販売されていました。
9時オープンにも関わらず、朝早くから多くの人で賑わっていました!!

産直1

我が家もたくさん新鮮な野菜と果物をゲットしました♪

産直3

キャベツ、にんじん、しいたけ、白ネギ、ほうれん草、じゃがいもは、100円!
白菜は、1玉80円!! 梨は6個でナント500円!!! 驚きの価格です(*^_^*)

昨日、早速ほうれん草を胡麻和えでいただきましたが、
とっても甘くて美味しかったです(^-^) 感動!!

 
スポンサーサイト

| 食材 | 07:05 | comments:0 | trackbacks:0 |

≫ EDIT

きゅうり(胡瓜)

夏野菜の代表選手きゅうり

わが家では、夏の朝晩の食卓によく登場します。
サラダや漬け物、酢の物など、生で食べることが多いのですが、
炒めものにするのも食感が変わっていいですね。

きゅうり1
▲実家からもらったキュウリ。本当にみずみずしくて、とげがチクチク!!

原産地は、インドのヒマラヤで、3000年前から栽培されていたとのこと。
日本には、中国から伝わり、本格的な栽培が始まったは江戸時代に入ってからだそうです。

きゅうりを大量にもらったので、からし漬にしてみました。

ご参考までに簡単なレシピをご紹介します。

【材 料】

・きゅうり ・・・ 1kg
・鬼からし ・・・ 20g
・塩    ・・・ 50g
・砂糖   ・・・ 170g
・ラム酒  ・・・ 30cc

作り方は、きゅうりをぶつ切りにして材料を混ぜて漬けるだけ!!
超カンタンなので、是非お試しを(^-^)
母に教わった分量ではからしが25gでしたが辛いのが苦手なので、ちょっと減らしました。

からし漬け
▲ピリっとした味が食欲をそそります。わが家の夏の定番になりそうです。

実家のママゴン(母)から、
きゅうり穫れたので、取りにおいで♡」というメールが(^◇^)
当分、きゅうりメニューがわが家の食卓をにぎやかにしてくれそうです♪
主人は、きゅうり大好きっ子なのでラッキー(^-^)v

 

| 食材 | 17:23 | comments:6 | trackbacks:0 |

≫ EDIT

たまねぎ(玉葱、葱頭)

タマネギは、カレーやハンバーグ、肉じゃが、生姜焼き、南蛮漬けなど、
いろいろな料理に使える、便利な食材です。
また、デミグラスソースやタルタルソース、トマトソースといったソースの素材としても欠かせません。

たまねぎ

原産地は、一般的に中央アジアと言われていますが、定かではありません。
日本には、江戸時代に長崎に伝わり、本格的な栽培が始まったは明治に入ってからです。

栄養成分としては、糖質がもっとも多く、硫化アリル、ビタミンB1、B2、カルシウムなどがあります。
タマネギを切ると涙が出るのは、切る時に細胞が破壊され、硫化アリルが目や鼻を刺激するから。
切る前に、冷蔵庫でよく冷やしたり、電子レンジで過熱すると涙を抑える効果があるそうです。

また、血液をサラサラにして、高血圧や動脈硬化、脳血栓などを予防する効果があります。
といっても、過熱すると効果が薄らぐので、生で食べるのがおすすめです。
4~5月が旬で、辛みが弱い新タマネギは、まさに生食に向いているといえるでしょう。

飴色に炒めたタマネギを小分けにしてラップに包み、冷凍保存しておくと、
ハンバーグやカレーなどを作る時に時間を短縮できて便利です。

☆特選素材お取り寄せのご紹介
 淡路たまねぎ
 100年以上の歴史を誇る兵庫県を代表するブランド。
 水分が多く、肉厚で繊維がしっかりしているのが特徴。

 ・特選素材の詳細はこちら→→

 ・たまねぎを利用したレシピはこちら→→→JAあわじ島

 

| 食材 | 17:25 | comments:0 | trackbacks:0 |

| PAGE-SELECT |

差金決済取引